うふふっ (*´∀`*)

先週からずっと翼の調子(足も痛めたらしい)が悪くて、先週日曜日一日だけショーに行ったけどお昼で帰ってきてから一週間、お散歩もなしで用心したのが良かったのか、この週末にはほぼ通常通りに。

まあ、家から1時間の場所で近いし、1クラスだけやるか、って土日の2日間ショーに参戦してきた。

この会場はラグビークラブで建物の中のジムの音で昨年勇希がパニックになったから今年は勇希は
エントリーしなかったけど、正解だった。 今年も建物に近づくのを全力で拒否ったよ(笑)

ともかく翼は土曜日は、Bクラスのみ競技してファストペース(速歩)で少しもたついたもののとても良い出来でおまけにランオフにも勝ち3位をゲット。

日曜日は、Bクラスでガタガタだったので翼の体調を見てCクラスも久しぶりに競技してみたのよ。

そうしたらなかなか良くてもう嬉しくてね。
逆に久しぶりのCで私のほうがなんかぎこちなくて足を引っ張った気がする。(^_^;)

大満足でリングから出てきたら、順番待ちの数人の人がニコニコしてて「良かったわよ」って。
ええ〜っ。他の人(それもCオンリーの人達)が見てもいい出来だったの?(嬉)

その上に、リードをつけていたら知らない人がそばに来て
またまた「良かったわよ〜。」って。   

点数を見たら、Heelworkの失点が初めての一桁 (今までの最高が10.5だった)の8.25 
合計で11.5失点。 私にしてはいい出来!

ふふふふ。うれしいなあ。 (*´ω`*)

調子に乗ってCステイとセントもやっちゃったよ。(その代わりBクラスのステイとセントは棄権した)
Cセントなんか久しぶりなのに(Cセントは他のセントと違ってハンドラーではなくジャッジのセントなの)なんとFull(減点なし)!完璧!

この日は残念ながらチャンピオンシップで Cクラスは3つもあったのになぜか私のクラスは
Mary Rayを始めチケットハンドラーのそれもCrufts優勝者や常連の方々ばかりで。
流石に入賞は無理だろう・・・と思ったけどそれでもセント前で7位(6位までが入賞)だったんだよ。
私の点数はセント前後で変わりなし(だって満点だもん!(笑))だから誰かセントでミスすれば入賞するかも、だけどまあ、ベテランさんたちはそんなミスはしないな、って
終わりを待たずに帰ってきた。 待っててがっかりするのも嫌だしねえ。(笑)

もちろん、上位の人達とは実力は遥かに差があって。
プレビギナー、ビギナー、Novice、A、B、と全くの初心者として一緒に競技してきた翼がそこまで行くことはとうてい容易なことではない、不可能に近い、とはわかっているんだけど。
ここまで一緒に競技してきて、今、こうやってずっと先輩の方々に「良かったよ」って微笑んでもらえる競技ができていることが私には奇跡のように思えるのよね。

更に、セントを待っている間 ずっと以前褒めてくれた有名な重鎮がいて(ほら、以前はひどかったのに見違えたよって言ってくれた人(笑))挨拶したらこちらに歩いてきて
「君のラウンドはすごく良かったよ。あそこから見てたんだ」

(・∀・)! ありがとうございます。私もあれはすごく良かったと思う。めっちゃハッピーですよ。

「その通り。ハッピーになって当然の出来だったよ。 いくつクオリファイした?(チャンピオンシップに出るためにはCで1回以上の優勝、3位以内に入賞を3回必要、このこと)」



うふふふふ。ありがとう。
翼はまだもう一つ Bで優勝しなくちゃいけないし、一つもまだ持ってないんですけどね。
その言葉で、ものすごく、ものすごく幸せな気分になれました。

ショーを楽しむって、こういうことなのかもね。 (*´∀`*)





25072016.jpg 










スポンサーサイト

勇希の言い分

相変わらず毎週末のショーで、ちょっとお疲れ気味。

2週前のショーでは2日ともめっちゃ惜しいところで優勝を逃し2位と3位。
そんな大活躍中の翼くんは、お疲れでちょっと不調気味でおまけに足も痛いらしく
昨日はお昼ですべてをキャンセルして帰ってきたよ。
今週はともかく翼くんをいたわる週に決定。

まあ翼はいいとして、問題は勇希。
実はかなりの過敏性に加え不可解な行動を重ねるもんだから、もうどうしていいかわからず。
彼は幸せなんだろうか。何がしたいんだろうか。と、なんかだんだん落ち込んできて。

というわけで、半ばやけくそで アニマルコミュニケーターさんのお力を借りることにした。
って言ってもこういうのは初めてだから、まあ、何か少しでもヒントになれば、って感じね。

選んだのはアメリカ在住の日本人Tさん。

その予約の前の日はすわコンロが壊れたかとバタバタし、当日は予定が狂いまくって(そんなのに弱いのよ)めっちゃ気分がイライラして、せめて少しでもいい情報を貰えたらって言う気持ちでスカイプの前に。

でさ、
彼になんで出来るのにショーで競技をちゃんとやんないの?

って聞いたら

「ママはどうしてそんなに結果にこだわるの?」

Σ(・∀・;) ええええ? まじか。 (私が最近まさにそのテーマで悪戦苦闘していたのは以前の記事通り)

「結果よりも、そのプロセスが大事なんじゃないの?
ママがショーに行きたいと思うんだったら、そのプロセスを’楽しんで’ほしいんだ。」

だと。
いやいや、あんたそれ以前の問題で、ぜんぜんちゃんとしないじゃない。

「ボクは自由にボーっとしているのが好きなんだよ。 ちゃんと出来るのはわかってるよ。
前にやってたから。(前世らしい)でも今世ではぼーっと周りを楽しんでお散歩なんかを楽しみたいんだ」

ああ、だからお散歩の時とかふらふらしていつも待ってあげないといけないんだねぇ(苦笑)
前世の君と出会いたかったよ。おかあさんは(笑)

雨音とか些細な事まで異常に怖がるのはなぜ?

「それはママと同じだよ」

ん?

「ママもなにか壊れたりすると過剰に落ち込むし、予定とかがちょっと狂っただけでものすごく反応するでしょ。それはダメだよって教えるためだよ。」

Σ(・∀・;) Σ(・∀・;) Σ(・∀・;)  何だそのタイムリーな話題は!!!

「心配しないで。どんと構えていてよ。 いろいろあっても命までとられるわけじゃなし。
問題があったり立ち止まったりうまくいったり、それが人生なんだからさ。」

ほ・・・ほう。 確かにそうだし。 的を得てるけど。
なんか、納得いかん! 君が私に人生を語るか!?(笑)

いや、わかるよ。君が私に大切なことを教えてくれようとしているありがたい存在だということは。
でもやっぱり君は私のかわいい大事な勇希坊っちゃんでもあるわけで。
ああ、フクザツだ。

そんなに嫌なら競技やめちゃう?

って聞いてもらったら Tさん、少し勇希と話して

それは、




ママ次第だよ  って言ってますよ。って・・・ 


(;´Д`)  何だとぉっ?!!


そんなわけで2時間近くも勇希とおしゃべりして、ものすごく楽しかった。
犬と話すって面白いね。
終わったら心なしか勇希と以前より余裕を持って付き合えるようになった。

終わりにTさんが 勇希くんにお礼を言って終わりますね。って目を閉じた時、
くすって笑ったのね。
なんですか?って聞いたら、笑いながら

勇希くん、お礼を言ったら突然英語で答えて、
「No problem 」(気にすんなよ みたいな感じ) だって。(笑)





勇希 やっぱり君はちょっと生意気だぞ。(笑) 

18072016.jpg 
おかあさん、ボクがめっちゃ賢い子だってわかってくれた?(勇希)






なんとなく、少しずつ・・・

イギリスのEU脱退の国民投票は話題だけど、今朝FBでも小さな投票スレッドが立った。

内容は6歳の少女が母親に連れられてショーにいつも行っていたけれど
行きたくないって言う少女を問い詰めたら
「私がいると犬の気が散るから、私を嫌いって言っているのを聞いたのよ。ママを悲しませたくないから言いたくなかった」
っていうお話で 
投票は ◯◯ちゃんに是非ショーに来てほしい。 私のショーに招待したい。子供はショーに来るべきではない。そんな醜いことを言う時は誰にも知られないような場所で言うこと。なんて選択肢があって
ま、当然、温かい選択肢に100%投票が集中するんだけどさ。

週末のショーでは、気を取り直して改めて「楽しむ」「力を抜く」ことを意識していたら、
まあ、ほんと、いろんな人がいるね。

唯一と言っていい外国人同士のチェコ出身のRさんは、始めて2年でNoviceをも勝ち抜けAでも勝ちそうな勢いの若い女性なんだけど、まあ、上昇志向の塊?っていうの?
いっつも眉間にしわ寄せて辛口のコメントしてて、結構この週末いろいろと話しをしたら
「(一時期歴史の中であった)共産主義自体はきらいじゃないわ。実力があれば上に行けるのよ。口ばっかりの人とかは役立たずなの」
ほほ~。徹底してるなあ。

かと言えば、何十年とやっているKath、全然優勝とか入賞とかは無縁で正直私が彼女に出会ってから、Noviceで彼女が優勝したのを見たのは1回しかないんだけど、やっと若い方の犬がNoviceで優勝してね。
私も嬉しかった〜。 
もう引退したけど上の犬はうちのBoysが大好きで結構距離があるのに
リングの中から競技中に私達を見つけて立ち止まった(大汗)のが数年前。
Kathはめっちゃ不機嫌だったんだよね。(笑)

おしゃべりしていてステイをすっ飛ばしてしまった女性もいたし、
結構人と犬でごった返すリングの間の通路を
犬の集中力のトレーニングだと行ったり来たりしていたGillは「ふう。けっこう大変よ。
でも、努力しなきゃ結果も出ないしね。」って再度通路へ突っ込んでいった。(笑)

「今んとこ2位、あと16人競技者が残ってる」 ってずっと自分の順位を見守っていたりだとか
そうそう、パピィちゃんにもたくさん遭遇!

たくさん人のラウンドを見るのも改めて勉強になった。
ちなみに翼はBで5位。ファストペースがガタガタだったけどスローとノーマルで挽回したのは嬉しかったな。

ショーの終わりにJoanとジャッジの不公平さとかについてひとしきり話をしたんだけど、
Joanの情報も結構げっ!っていうのもあったとはいえ、

でも、それも含めてのこの世界なんだよなあ

ってつぶやいたら Joanは にっこり笑って
「その通り。これもあってのオビディエンスなのよ。 楽しんでる?」

って聞くから

もちろん。とっても (⌒▽⌒)

って答えたら、「そうこなくっちゃ」って笑ってた。(笑)

270620161.jpg 
ちょっとは成長したかも。おかーさん。(勇希)





遠足・・・ということにする (;´Д`)

楽しむってテーマにしてなんか調子よくって翼は
ちゃんとショー毎回結果を残してくれて(先週は3位ね)
いたから、

ふふん♪

って気を良くしていたんだけど
まあ、そうね。
そう欲張っちゃいけないかもね。

っていうわけで、今日の片道3時間(270km)の日帰りショーは
両方ともに玉砕 (;´Д`)

ああもう、もう、もううううううっ。(怒!!!)

ってとっさに思いそうになったけど(実際思ったけど!!!(笑))

いやいや、これじゃ元の木阿弥!ってことで。

気を取り直して、いい天気を楽しみながらお弁当を食べてさ。

実は最近、突然グルテンフリーを始めたらショーのバーガーバン(移動式のバーガー屋さん)
で食べるものが限られて来たから思い切ってショーの時は純日本式のお弁当を
先週から作りだしててね。
ま、おかずは玉子焼きとか鶏の照り焼きとかくらいだけど。
伝統的に梅干しで日の丸弁当にしちゃったりして。

いつもと違う風景の中をお散歩して。(会場が大きな公園の一角だった)

早めにとっとと帰ってきた。

ま、そういうわけで、違う場所でのトレーニングと散歩を兼ねた
遠足だった・・・ということにすることにしたよ。うん。

ここが、試される時だよね。
とにかく、結果にこだわらずに楽しむ。こういう難しい状況でも
すんなり出来るようになりたいなあ。 む〜ん、もっと悟りを極めねば。(*´∀`*)




190620161.jpg 
そんな日もあるさ。ま、気にすんなよ。おかーさん。(*´ω`*)





最近の翼くんは。。。。

050620161.jpg 
じゃじゃ〜ん 翼ライダー参上!! (・∀・)

ってこの赤いひらひらがチャームポイント(笑)

翼くんはもともと関節系が弱くてそのくせボールとか見ると
見境なく、意味なく、無駄に後先考えず猛スピードで走り回った後で
悲惨な目を見てばかりな子なんで、

最近特に、けっこう走り回った後寝そべっている状態から立ち上がる際に
うぐぐぐぐ って歯を食いしばってたりするもんで。

5月の初めのショーで、手作りToyとかセントの布を売っているジャニスの
お店の前を通りかかって見かけた 犬用マグネットカラー
Bioflowってやつを衝動買いしてみた。

人間でもピッ◯エレ◯バンとか磁気は効果があると思うし
何より痛くもない上に着けっぱなしでいいしね。

早速その日から装着したら、気のせいか翼がなんか機嫌がいい。
次の日の日曜日も3位で(土曜日は6位)出来もよかったし
何より次の週は優勝したし(前々回の記事のやつ)

普段でも、うぐぐぐ から よっこいしょ くらいには
なった感じがある。

(先週の地元のショーでそれを話したらなんと2人がジャニスから1つずつお買い上げ(笑)←もっとも2人とも以前持ってたっていう使用経験者だけど。)

そんなわけで、これからずっと着けさせようとは思うんだけど、
さて、この「ひらひら」、どうしよう。

切っちゃうと、その切り口の処理に困るんだよね。どうするんだろう。
ジャニスは焼いちゃえば、っていうけど、失敗したら嫌だしなあ。
別にそのままでも困るわけじゃないんだけど なんか ちょっと笑えるんだよなあ。(笑)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。