スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝負への姿勢

3週末続いたショーのあとの一回休みをはさんで、
今週末からまた3週末続けてショー。
そんな先週末は、のんびりゆっくり、で、楽しいトレーニングも入れて・・

なんて計画通りの週末だったんだけど・・・
疲れが取れない!!! 

てか、去年はこの時期、ものすごく疲れて体調を崩したから
今年は十分注意していたはずなのに。やっぱ、それでも
この時期は仕方がないのかしらね。ふう。

ショーの入れすぎかなあ。
この時期はどこかしらでショーがあっているから、つい詰め込んじゃうのよね。
もちろん、その人その人で近くしか行かない人、好きなショーだけにエントリーする人
私みたいにできるだけ全部(2-3時間の範囲で)行く人(結構いっぱいいる)、
さまざまなんだけど・・・さ、

いつも驚かされるのは、チャンピオンシップで戦うトップハンドラーさんたちは
そんな私たちよりずっとずっとショーの皆勤賞だということ。

たとえば、北のスコットランドで土曜日にチャンピオンシップを競技した後
日曜日に5-6時間かかる南でほかのショーでチャンピオンシップを戦っているって。 どうよ。

それも複数の犬で競技して、しっかり結果を残してるんだからね。 

それもさ、すでにその年のチケットを取っていても、関係なく出続ける!
3回チケットを取るとオビディエンスチャンピオンのタイトルがつくけど、
それを超えても出続けて、それで何が起こるかというと、
複数回チケットを取る犬が続出するでしょ。
で、最近クラフツの出場者数が少なくなっているんだよね。

もちろん実力で正々堂々と勝ち取るわけだから何も問題はないんだけど、

ちょっと

ちょっと




もうチケット取ったしほかの人にもチケット、取らせてあげようかな。なんて
いうことは・・・・思わないんだろうな・・・・・

とか感じてみたりするんだよ。


私なんか、翼のNoviceでさえ、勝ち抜けたとき後はトレーニングラウンドにして
ほかの人に可能性を譲ろうかしら、とかちょっと遠慮したりして。
甘いかしらね。まだまだ。

きっと、そんな周囲のことよりも、いかに自分と犬が成長するか、それを真っ先に
考えて行くことが必要なんだろうね。
人に勝ちを譲ることを考えてトレーニングラウンドにするんじゃなく、あくまでも必要だと思うから
トレーニングラウンド、って感じかしら。

その貪欲さがひいては切磋琢磨で競技全体のレベルを上げることに
つながるかもしれない、って 最近気がついてきたよ。

貪欲、というより真剣さ、かもね。
それに人に譲られて勝つより、実力で勝つほうがうれしいだろうしね。

チケットほしいなら実力で勝ち取ってみなさい!ほ~っほっほっ!( 脚色あり (笑))

ふ~。
厳しいね。勝負の世界だね。 (笑)


180820151.jpg
お散歩では 常に先回りして 「もしかしたらボールが!」 と 待ち続ける翼兄ちゃん と

180820152.jpg
あちこちをふらふらしまくって、なかなか追いついてこない 勇希ぼっちゃん (ため息)










スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。