スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心(尻尾)折れちゃった (汗)

こちら英国は、10月の最終日曜日に冬時間になって(1時間遅く一日が始まる)
日没が4時半で、というこの時期。

すっかり冬になってしまうのも気が重いのに、この時期
私と勇希 (と翼も。だな) かなり憂鬱な一週間ちょっとが始まるのよ。

11月5日が ガイフォークスデイと言う日でいろいろ歴史上の理由が回りまわって
現在は 「花火をする日」 ということになっていてね。

その花火って言うのが、 ひゆゅゅゅ~~~ん ずどおおん! ぱらぱらぱら・・

っていうすごく本格的な花火が夜空に描かれるやつ。
そりゃ、日本の花火大会の花火からするとずっと小さいけど
でもそういうのをそれぞれ普通の家庭の庭先とかでぶっ放すって、どうよ。

毎年やけどや事故が耐えないのも納得だわ。

それも、5日だけじゃなくて1週間前くらいから始まって
毎日続くという・・・・かなりの犬を飼っている人たちにとって
とてもストレスフルな一週間なのよ。

そんなわけで近かったり遠かったりあちらこちらから
花火の音がしだした水曜日、当然勇希はパニックで、
夜中には嘔吐。
木曜日は一日何も食べず。

かな~り心配したんだけど、金曜日の朝ごはんはちゃんと食べて
ほっとして夜は家にいるよりも気がまぎれるかとリンダのトレーニングに
出かけたところ(勇希は見てるだけで、翼だけトレーニング)

リンダが、気がついてくれた。

「勇希の尻尾。おかしいんじゃない?」


ほんとだ、私の大好きな普段 ぴょん!って上を向いている尻尾が
だらっ って。
力が入らないみたいで、どうやっても尻尾が動く気配がない!!!((((;゚Д゚)))))))

パニクる私を横に、リンダが入念にチェックして、

「大丈夫、尻尾自体に問題はなさそうだし、痛みもなく本人は何も気にしていないみたい。
私はフローズンテイル って言ってるけど、同じ症状をレトリーバーとかいくつかの犬で見たことがあるわよ。
原因はわからないけど、かなりのストレスがあったみたいだしこれが原因かもね。
もしそうだとしたら、問題なく時間がたつと戻るから、まず今夜は心配しないで様子を見てみて」


よかった~。リンダのところで見つかって。
フローズンテイルかあ。
(ちなみに50肩は英語で frozen shoulder だからそういう感じ? )

それからしばらくは、尻尾ばっかり見てたけど、
幸い次の日の土曜日は40%くらい改善して、日曜日の今日は70%くらい改善したから、
やはり、リンダの見立てどおりだったんだろうか。

もしこれ以上花火がひどくなったらBoysを車に放り込んでドライブに出かけようかと
身構えてるんだけど、
今のところ勇希のほうが少し落ち着いて少し花火の音がしてもパニックは起こしてないみたい。

ついに、慣れたんだろうか。


それとも
すっかり心(尻尾) 折れちゃってパニックも起こせないとか?(つД`)ノ

勇希、おか~さんがついてるから。
5日まで、とにかく、がんばろうね。


011120151 (1)

011120151 (2)
ね、かなり上に上がってきたでしょ。 あと一息だ~。

スポンサーサイト

COMMENT - 6

yubi  2015, 11. 02 [Mon] 15:12

No title

その症状って確か日本じゃコールドテールといわれてると思う。
ラブ等であるみたいだよ。お友達のラブも1回なったけど
すぐにブンブンしっぽに戻ってたよ!
それにしても、じゅっちゃんなんかきっとげっそり
しちゃうわね。一晩雷なってただけで、風呂場(彼女の避難所)から
フラッフラで、朝出てくるからね(´∀`;A

Edit | Reply | 

みやび  2015, 11. 02 [Mon] 19:43

yubiさん

ああっ。そうかもしれない。
リンダ、コールドテールって言ったかも。(何せパニクってたもんで)
そうなんですね。やはりそのコールドテールだったかも。
いや~。焦りました。

うちも雷でもパニックになるけど(パニックで走り回ったり押入れに突進したりするので
危なくないようにコントロールするのが一苦労です)家のすぐ近くや遠くで
複数の花火が夜遅くまで毎日続くから、うん、じゅっちゃんは10月の終わりから11月にかけてと、同じく花火がうるさい大晦日はイギリスに来ちゃだめだよ~。(^_^)

Edit | Reply | 

たまあみ  2015, 11. 03 [Tue] 03:25

No title

コールドテールというのがあるんですね。
うちも、最近花火を気にしだしたの。
なんせ夜中まで花火する人たち’いるから、犬だけでなく人も大迷惑だわ。
こっちでも、家の前とかでするからね。

独立記念日なんて、山火事の恐れがあるから花火をやって良い場所が制限されているのに、やるバカがいて消防署は大忙しなんだよ。

Edit | Reply | 

みやび  2015, 11. 03 [Tue] 06:56

たまあみさん

いや~。ほんと、びっくりしました。
神経性の症状かしら、とかものすごくびびりましたよ。
リンダがいてくれて助かりました。

そちらも、花火ですか?
でも、アメリカだとイギリスと違ってもっと規制とかが効果があるのかと思いましたけど、(イギリスはなんかぐだぐだ)やっぱどこでもバカには通じないんですね。
それにしてもそちらでは、山火事・・しゃれになんないですよ~。

花火、アメリカとイギリスで家庭用は販売禁止 or 線香花火とかねずみ花火 にしてくれないものでしょうかね。

Edit | Reply | 

ゆみ。  2015, 11. 03 [Tue] 19:43

No title

イギリスではこの時期に花火なんですね〜。
フランスにはないですね。。。
なんだかんだ花火が上がるのは夏くらいでしょうか?
しかも夏だから日が暮れるのが10時は過ぎるので、花火が上がるのは11時とか。。苦笑

花火が苦手な子は大変な季節ですね。
勇気くんには災難ですね。。
こういう風に尻尾にストレスが現れるんですね。初めて知りました。

に、しても庭先で花火って危ないですよね。。
フランスでは家庭用の花火は見たことないです。(もしかしたらあるのかもしれないですが、少なくとも私は見たことないです)
ゑびすはそこまで音に過敏ではないので、雷やら猟師さんの銃声もなんとか凌いでいますけど、もし苦手だったらと考えると田舎暮らしはある意味ストレスですね。。

無事に5日まで過ごせますように!!

Edit | Reply | 

みやび  2015, 11. 04 [Wed] 04:37

ゆみさん

ありがとうございます。
フランスはこんな野蛮な風習はないんですね。
いいなあ。

私も知らなかったんで、かなり動揺しましたよ。
経験豊富なリンダがいてくれて助かりました。
ゑびすくんは大丈夫なんですね。
うちは翼は勇希に気を取られている間に、静かにがたがた震えているし(悲)
どっち向いても はあ・・・・ってため息ついてしまいます。

5日を過ぎてもやり続ける家族(子供だけでなく親がやるのよ!)とかいるし、
大晦日もやる家があるから冬はなかなか気が重いですが
がんばります~。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。