スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます。

2016年 明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願いします。
今年の皆様のますますのご活躍をここ英国よりお祈りしています。(*^^*)

さ~、今年はどんな年になるんでしょうかね。
何より人間も犬たちもたくさん笑って楽しめる一年にしたいと思います。

年末30日にショーがあって、エントリーはしていたんだけど
前日勇希がお腹壊して用心のため絶食していたし
何より30日に予報でショーのある地域に
大きな嵐が来るということだったんで、
行かず、ずっとショーをサボったまま年が明けてしまった。
(ショーの地域は結局直撃せず大丈夫だったみたいで、何よりだったですが)

今年は例年のように行けるショーは全部行く、というのではなく、
もう少し落ち着いて行かないショーも作っちゃおうかな。とか、
少しペースを落としてみようかな、って考えてる。

この辺で少し離れた目で見てみるのもいいかな、って思って。

そうやって、少し落ち着いて目先のことより少し先を見てプランを立てるようなことも
そろそろ出来ていいんじゃないかなって思ってさ。

せっかくの新年だしね。
新しいことに挑戦だぁっ!ヽ(´ー`)ノ


Boysも今年も頑張るよ〜 (^^)
010120161 copy copy copy copy
新年一日目のお散歩。洗うの大変だったよ。(笑)
スポンサーサイト

COMMENT - 6

ゆみ。  2016, 01. 02 [Sat] 18:19

No title

あけましておめでとうございます!!

今年もショー頑張ってください!!
今年のご活躍も楽しみにしております!
うちも今年の春にはオビディエンスの試験を受ける予定ですので、この冬は頑張っていこうと思います!!

にしても、前回の記事を読んだせいもあってか、翼くんは凛々しく今年も頑張ります!!ってお顔に見えるのですが、勇気くんが。。笑。しょげたお坊ちゃまにしか見えません。。。笑
2頭並んでのお写真をまともに見たのは多分初めてなんですけど、両親犬が同じと言えども、だいぶ雰囲気も違うものなんですね〜。
どっちも違う個性でそれぞれに可愛いですね⭐︎

Edit | Reply | 

陽太ママ  2016, 01. 02 [Sat] 19:52

明けましておめでとうございます!

今年も英国のショーのお話楽しみに拝見します♪

勇希くんの↓の記事、かわいいですね~。
ウチも先代犬が同じタイプで、めんどくさいが手がかかるヤツほど可愛いです。
これからもboysと楽しんで、コツコツ前進して下さい!

Edit | Reply | 

みやび  2016, 01. 02 [Sat] 21:42

陽太ママさん

ありがとうございます。
こちらこそ、陽太くんとママさんのご活躍を楽しみに拝見させていただきます。
さらなる快進撃を期待してますよ〜。

そうなんですよね。
手がかかるやつなんですが、可愛くて可愛くて。
翼はベタベタするやつじゃないから、結構ドライなんですけど、
勇希にはめっちゃ甘いです。かける声まで違う(;´∀`)
時々反省してます(笑)

Edit | Reply | 

みやび  2016, 01. 02 [Sat] 21:49

ゆみさん

おめでとうございます~。

オビディエンスの試験を受けられるんですか?
どんな科目があるんでしょう。
ペット部門なのかな。それとも競技部門なのかな。((o(´∀`)o))ワクワク
がんばってくださいね。レポートを楽しみにしています。

そうなんですよ。同じ両親なのに全く違う個性と体格です。
写真は、翼兄ちゃんに話しかけてるので、オモシロクナイって顔をしてます。(笑)
すごいですよ。翼をかまおうとすると一瞬で拗ねますからね。
そのくせ翼がいないと、挙動不審になる。 つくづく面白いやつです (^_^;)

そんなBoysともども、今年もよろしくです。(*^^*)

Edit | Reply | 

ゆみ。  2016, 01. 09 [Sat] 02:40

No title

こんにちわ〜。

ブログに、その春の試験のことを少し詳しく書いてアップしてみましたので、よかったら覗いてみてくださ〜い。

イギリスではペット部門や競技部門というのがあるのですか?
それは日本の家庭犬試験とオビディエンス競技のような違いなのでしょうか?
多分、私の知る限り、フランスは競技部門しかないような。。。
今度先生に聞いてみようと思います!!

Edit | Reply | 

みやび  2016, 01. 09 [Sat] 20:56

ゆみさん

ブログ拝見させていただきました。
すっごく興味深いです。アップしてくださってありがとうございます。
イギリスとはとっても違いますね。

イギリスのペット部門、このブログのカテゴリ イギリスオビディエンス基礎情報 にも
載せてますけど、一応KC主催のペット部門の試験システムがあります。
日本のように競技ではないけど、ブロンズ、シルバー、ゴールドという形なんですよ。
競技用のような厳格なヒールワークとかはしなくていい代わりに、
家庭犬としてのきちんとした行動が必要になります。
フランスは、そういうペットオビディエンスはないんですね。
いろいろ違って、面白いです。(*^^*)

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。