スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祭り開催中

というわけで今年もCrufts!

木曜日の地区対抗から昨日のChampionship (Dog) 今日のChampionship(Bitch)
私は変わっているのか、全然Cruftsに行きたいって思わなかったりするんだけど
(こういうイベントがあまり得意ではない)
それでも、気がついたらPCの前でスコアボードをリロードしまくって
チェックして、FBにあがる幾つかの動画も見て。。。。結局ほぼCrufts漬けの
数日間を送ってしまった。(^_^;)

今日のBitchは、特にカレンDとカレンAの出番だから
めっちゃドキドキしたよ。

ところでさ、このChampionshipに出てこれるようなトップハンドラー中のトップハンドラーさんたちって
メンタル、強いなあ。っていつも思う。

どれかの種目をたとえ失敗しても、他の種目で完璧にカバーする強さ。

たとえどんな大きな失敗でも、ちゃんと次の種目では立て直して競技を立派に終了する。
・・・・私だったらすぐに「ああ、もうだめじゃん!」って諦めちゃうかもしれない。いや、諦める。
で、もうボロボロになって終了する。( ;∀;)

それじゃあ、ダメなんだな。きっと。

Championshipはほぼ全員が強いけど、地区対抗はその点ではとても興味深かった。
様々なクラスに複数の知り合いがいて、どんな人か知っていてその結果と比べてみたりした。

あのCruftsの大舞台、グリーンカーペットで必ず結果を残せる人と
残せない人はどう違うんだろうって。

例えば、馬の競技をもともとやっていた人とかはとても強い。場馴れしているから
とか、経験があるからかなあ。
でもそうでなくても、勝てる人って普段から周りに媚びない強さ、みたいなのが
あるような気がする。
周囲を気遣う(気にする)人は案外本番に弱いんじゃないだろうか。

動機も影響するんだろうね。
「勝負は関係ない、最高の競技をしよう」と思う人は強いんだろうか。
「私が絶対一番になる。私は最高」って思う人も強そうだな。
同じ「勝ちたい」でも、「あの人に絶対勝ってやる」とかいうと逆に
自分にプレッシャーをかけてしまうのかも。

昨日、Championship出場者のミッシュが、いつもショーに行くときはこの曲をきくの。私のテーマソング。
ってFBに上げた曲は
「Nobody Does It Better」(誰もあなたよりうまくはできない)って曲だった。

誰もあなたほどはうまくできない。あなたが最高なのよ。
他の人を可哀想に思うくらいだけど。
奇跡を起こすのはいつもあなたなの。

みたいな歌詞だった。

彼女は見事に入賞したよ。

さ、メンタルのトレーニングも開始だな。( ̄ー ̄)ニヤリ




Dog Championship


地区対抗 今年も地元のNorthernが優勝 

スポンサーサイト

COMMENT - 2

ゆみ。  2016, 03. 22 [Tue] 04:47

4月10日にオビの試験を控えてる身としては心にしみる話です。。。苦笑
メンタル。。。
弱いつもりはないのですけど、スクールの練習の時でさえ、うまくいかない事が重なると吐き気がしてくるのに、本番は大丈夫なんだろうか?と。。。苦笑
やっぱりそれなりにちゃんと練習で出来るようになって「やってみせる」という手応えを感じれるようになってから競技会とか出ないと、ボロボロになりそうですね。。。苦笑
やっぱり向いてないのかなーとかもうこれ以上は無理だなーとか最近思えてきて、試験を目前にしてモチベーションがやばいことに。。。涙
しかも先のアジの試験では親分がいい結果を出したもんだから、先生からも次はあなたね!!なんてプレッシャーかけられてもう逃げ出したい感じなのですよ。。。
なんとか立て直さないとです。。。苦笑

よーし、私も動画探していいハンドラーの競技を見て、テンション上げてみたいと思います!!

Edit | Reply | 

みやび  2016, 03. 22 [Tue] 05:01

To ゆみ。さん

いえいえ、大丈夫ですよ。
そんなに心配されなくても。
まだまだ、最初の段階ですよ〜。十分気を楽にして楽しんでください。
いずれクラスが上がってくると、ああ、あの頃は楽だったなあって
思う日がくるんですよ。(笑)
だから、今は楽しむことを是非お勧めしたいです。
きっと大丈夫です!応援しています。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。