スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございますっ。

前回の、情けなさ200%の記事からずいぶんと放置してしまった。
でも、おかげさまで、ずいぶんとクールダウンしたよ。

何より、温かい励ましのメッセージをくださった方々。
心より感謝してます。

いやー、今となると、あんなに大げさに落ち込んだ自分が情けなくって。
メッセージをくれた方もだけど、こちらのイギリス人たちだって、
結構同じような目やそれよりひどい目にあっていると教えてくれて。

いやー、私ってば、こんなに甘ったれだったなんて.
オハズカシイ


こちらでは、たくさんのショーがある成果、ジャッジは、コースを受けて
簡単な試験さえ通れば誰でもできるんです。
(もちろん、上のクラスをジャッジするのはさらに経験とテストがあるけど)

で、近年は、どのショーもジャッジを確保するのが大変らしいの。
だって、ほぼ無報酬(経費のみ)で、一日ボランティアするよりは
自分も競技したいもんね。

ジャッジが決定しないとショーのパンフが出来ないけど、
それでも、ショーが近くなるといろいろな事情でジャッジが出来なくなったりして
よく、サイトやFBに、緊急でジャッジを探してるとか、スチュワードを探してるとか
必死のメッセージを見たりします。

特に近年は競技人口が減っているし、若い人は人助けをしようという気がない!
自分さえよければいいのかっ!なんて古株の方々がお嘆きの様子。(苦笑)

ま、そんな状態だから、ジャッジしてくれるだけありがたい、と思わなきゃいけないのかしら。

って、だからって、不正しまくっていい、ってわけじゃ・・・・・ないって(爆)

まあ、今回の教訓としては、
自分が本当に何をしたいのか。
自分がやることは周囲とか状況に左右されて決めるのじゃなくて
自分が決める どどーん

たとえ、理不尽な状況だって、それでもやりたければ、
やればいいんだよね。
楽しめばいいんだよね。

それにもし全部のイギリス人が理不尽だったら私はこれまで優勝なんかしてないわけで。
ちゃんと何回も優勝できてるってことは、
いい人もたくさんいるはずなんだよ。

このブログ、またトレーニングブログに戻ります。
楽しんでるとこ、がんばってるとこ。
イギリスのObedienceのよさをどんどん紹介するね。

tsubasa A win (239x320)
去年の11月の翼の2回目のAクラス優勝。(イギリスの一位は赤のロゼットだよ)
この日はBクラスでも優勝をかけたランオフという出来で、負けちゃって2位 (涙)だったけど、
すごい日だったんだよ。へへへ。
あと一回A以上のクラスで優勝したら、BとCクラスで競技することになるのです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。