スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショーの2日目

1日目の土曜日に、完全燃焼したみたいで。。。。
日曜日の2日目はぜんっぜん集中できなかったよ。

トレーニングラウンドで、軽く楽しんで過ごそう・・・とは思って行ったんだけど
軽く、も、出来ないというか、まじぜんっぜん身が入らなかった(笑)

Boys、特に翼も同じで、犬もやっぱ疲れるんだろうね。
体力的には大丈夫なんだろうけど、ワークするのはいっぱい頭使うからね。
特に土曜日は3フルラウンド(通常は2)+ リトリーブやったあと、2回表彰式出て、
ずぶぬれになって歩き回ったしね。無理もないかも。

ただ、さすが広くて狭いObedience ワールド、
いろんな人から「昨日はおめでとう」「何回目の優勝?」
「勝ったらしいけど、どのクラスで勝ったの?」「どっちの犬で勝ったの?」
いやー、目立つっていいことも悪いこともあるけど、こういうときも思いっきり効果を発揮するね。(笑)

落ち着いて考えると、ああ、これから翼はAクラスにはエントリーできないんだ。。ってもちろんうれしいけど、
軽くショックかも。今エントリーしてる分で(10月まで)でAクラスも終了かあ。
下のクラスにいるときはあんなに夢見ていたのにね。(苦笑)



昔、古株の人に、トップハンドラーは足が小さい人がほとんどだから(フットワークの関係で)
サイズが24.5の私は無理だって、ヘンなことを言われたことがあって、
(もちろんそうとばかりは言えないし、あくまでもその人の意見でしかないんだけど)
「上に行くとね、いろいろ大変だよ。ハンドラー同士もぴりぴりするよ。
だから、今のクラスで楽しんだほうがずっといいよ」
って言われたのよ。

そのときは、上に行けないって決め付けるとはなんてシツレイな!って憤慨したけど。
決して悪い人ではないのよ。今でもショーでよく会うし。

今考えると、何も知らない初心者の、しかも外国人の私が、
上に行きたいって必死でがんばっているのを
複雑な思いで見てたのかも。

空気、っていうのかな。
変わるんだよね。プレビギナーからAまでのリング周囲と BとCのリング周囲。

これからは、技術もだけどメンタルもずっと強くならなきゃなんないんだろうね。
といっても、そういうのが、めっちゃ苦手だし、空気読もうと思っても日本人の感覚とは違うし
がんばりようがないから、どうすることも出来ないけどね。ははは。


とりあえず、今年の冬は翼の苦手な Cクラスの競技の DC (ディスタンスコントロール)
の特訓して、なんとかまともに競技できるようにしておかなきゃ。です。

と、気を引き締めて帰ってきた一日でした。




051 (320x240)

本文に書いた人とは違うけど、こちらのご夫婦 デイビッドとペニーも
もう40年以上のベテランさん。
こうやって年を重ねても元気で競技が出来るってかっこいいよね。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。