スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのCセント

遠い場所でのショーだったけど、Cクラスに慣れるためにはって
がんばって行ってきたよ。

Cクラスでのトレーニングラウンドは前回より進歩していて、満足したけど
それ以外は・・・・・もう撃沈。

はああ・・・もう帰ろう・・・

って帰りかけにCクラスの前のリンにちょっと愚痴っていたら、
リング内ではセントが始まりそうになっていて。

リンが「セント、しないの?」って聞いてきた。

AクラスとBクラスのセントはハンドラーの匂いのついた布を探して持ってくるんだけど、
Cクラスのセントは、ジャッジの匂いのついた布になるから、ぜんぜん違ってくる。

基本、Cクラスにあがるまではハンドラーの匂いの布で練習しているし、
Cクラスのセントはほとんどの人に聞いても「取り立てて練習しない」と言われるんだよね。

人によっては、BとCクラスをワークし始めても、Bクラスを1-2回優勝するまで
ショーでCセントはしない、って言う人も。

私の場合一応トレーナーのリンダから、翼のセントは安定しているから問題ないと思う。
一度、ショーでやってみれば?と勧められてはいたんだけど。

でもでも、ここではじめてのセントで失敗すれば
今日はさらに落ち込んで帰ることになるし・・・

なんて考えて答えられない私に、リンが、「やってみれば?」って
背中を押してくれた。

で、リンの後ろにぴったり並んで、前にする人をじっくり観察して。

どきどきどきどき・・・・やっぱり、緊張しちゃうね。

はじめる位置についたとき、ジャッジがあきれた顔で
「あなたがやるんじゃなくて、ワークするのは犬なんだから」なんて
言いながら、ちょっと助けてくれたりして。


で、「めっけて!」(日本語でコマンド出してます(笑))って送り出したら、
翼くん、2-3の布の匂いをかいだあと、正解の布の匂いを嗅ぐやいなや、
すっと咥えてやってきて、きれいにプレゼント(前にまっすぐ座ること)。

うわああああああい。やったあああああ。
って、ほんと、ほんとうれしかったよ。

ジャッジが「やったね!ハイファイブ!」ってハイファイブしてくれて。

興奮してリングから出てきたら、
リンが、「これで、ポジティブな気持ちで帰れるね」って
にっこり。

この言葉に、さらに感動してしまった。

ほとんどの人がBセントができる犬なら練習しなくてもCはできる、って
言うけど、やっぱり経験がないと信じられないし、初めて挑戦するって
すごく勇気がいったけど、やってよかった。みなさんありがとう!って感じ。

実はお昼にもリンと話す機会があって、経験が浅いから自分がどの方向を向いているか、
何が必要かわからなくてもどかしい、とか相談にのってもらっていたら、
「そうねえ、私の場合は・・・」って話し出したリンが急に言葉に詰まって。
泣いちゃった・・・。まったく予想外で、
相談内容にそんな要素もないと思っていたから、
とにかくびっくりしたけど。

トレーナーなしで、一人でずっとトレーニングしてきて(すごいことだと思う)
今年見事にクラフツへの出場権を手にした彼女。
ここまで来るまでに、本当に大変なことがいっぱいあったんだろうな。
思い出したら、涙が止まらなくなったみたい。

空のほうを向いて、「目を乾かさなきゃ」って必死で涙を止めてたよ。

そんなお昼からの流れの、このセント。
とても感謝です。

なんかね、大変なことも多いし意地悪な人とかいたりするし。
時に「ああ、もう、やめちまおうかな」なんて弱気になったりするけど。
でも、それでもオビディエンスを続けたいと思う理由のうちの大きなひとつを
確認できた日だったな。

だからやめられないんだよね。


002 (240x320)
やってやったじぇ (翼)



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。