スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬場のトレーニング

12012014
Send Awayのトレーニング風景:まっすぐ行くんだよーってコマンド中。


英国の冬は、ほんっとに暗くて寒くてドッグスポーツにはまったく向かないので、
屋内でのトレーニングが中心になるけど、それでも、トレーニングに適した
場所っていうのは見つけるのがとにかく難しい。

一人でホールを借りるのもやったことはあるんだけど、それでも
コスト的にいい場所が見つからないんだよね。

これは、トレーナーのリンダが通常のクラスをやっているホールなんだけど(公民館的な場所)
去年の冬、結局、通常の週一の個人レッスンに加えて不定期に
日曜日に追加でレッスンを受けたいとお願いした時に、どうせならと
仲間を募ったら、望んでる人は私だけじゃなかったみたいで。

結局月1-2回くらいのペースでそれからずっとこの少人数の競技用オビディエンスクラスが
開催されちゃうことになって、冬場のトレーニング場所が確保できて、
それも予算より安くて、おまけに人がいるほうが気が散る状態でのトレーニングができる、という
とてもラッキーな状況が出来上がったのだ。

で、先日の日曜日もそんな感じで、久々のトレーニング。

それにしても、私もまあ、よくやるとは思うけど、
ほかでもあちらこちらでそれぞれ、場所を一緒に借りてトレーニングとか、ほんっとにみんな馬鹿がつくほど
熱心なのだな。
だって、5-6年目の私はともかく、みなさん20-30年いや40年選手だよ。
毎年、夏も冬もオビディエンス(とかアジリティ)三昧なんだよね。
それだけ’はまる’趣味、ということなんだろうね。って人事のように言える立場じゃないけどね。(笑)




120120142
いつものようにリンダのご主人のブライアンのおひざの上で見学するハンガリアンビズラのダイスちゃん。(1歳女の子)

彼女のおじいさんは数年前のクラフツの優勝犬ヨギなのだ。
ちなみにヨギは昨年亡くなるまで、760頭の子犬のお父さんになったって(驚)

ブリードショーにはもともと興味がないんだけど、そういう話を聞くと
なんだかオビディエンスにはない華やかさ、とか色気があるんだろうな、って思っちゃうね。
でも、ビジネス色が強すぎてちょっと引くかも。(笑)



スポンサーサイト

COMMENT - 6

k  2014, 01. 19 [Sun] 11:11

みやびさん、今年もよろしくお願いします。
そちらも寒いですか~。
日本も今まさに極寒。今朝は関東の平野部のこの地域でも小雪が舞いました。
40年の趣味か~。それだけ奥が深くて、楽しいんでしょうね。私もそこまでどっぷり、これからもつかりたいものです。
こんなに賢いボーダーなのに、警察犬にいないのが不思議に思う今日この頃なのです。PDにも最近興味津々でして(笑

Edit | Reply | 

みやび  2014, 01. 19 [Sun] 18:47

kさん
こちらこそ、よろしくお願いします。
今年も、たくさんのいい結果を達成されますようお祈りしています。
こちらは、今のところ気温的にはそこまで下がってなくて、雪もほとんど降ってないんですよ。
まだまだ冬なので、油断はできませんが。

そういえば、そうですね。なんで警察犬はBCいないんだろう。
PD、こちらでは警察以外ではスポーツとしてはやっている人にはお目にかかったことないです。
それよりワーキングトライアル(オビディエンスのフィールド版)とかガンドッグトライアル(猟犬)とかが人気です。

Edit | Reply | 

erieri  2014, 01. 20 [Mon] 19:53

みやびさん、遅ればせながら今年もよろしくお願いしま~す♪

ボローニャも暖かいお正月でした。今も生あったかい雨が降ってます。。暖かいのは助かるんですが、スキー場の雪も溶けちゃって半分涙目ですよ(苦笑

冬場も訓練!さすが本場ですね!!
こちらは12月に入ってからすっかり「冬休み休業」のところが増えました^^; 先生の都合などで1月いっぱいまではお休み~って場所ばかりですよ。。
イタリアらしいといえばイタリアらしいんですが・・・こんなんだから何かにつけてヨーロッパの中で「ま、イタリアだからね(苦笑」って言われちゃうんだろうって思います(笑

Edit | Reply | 

みやび  2014, 01. 21 [Tue] 04:58

erieriさん

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

イタリアも比較的穏やかな冬なのですね。
アメリカのすごい寒さとか逆に南半球のすごい暑さからしたら、ヨーロッパは今年は
よかったのかもですね。
(去年は大雪で大変でしたしね)

ブログを拝見させていただいていて、いつもイタリア、
素敵なところだなって思うんですよ。
ニースとかスペインとかキプロスとかの地中海周りは
行ったんですけどイタリアはまだなんです。
おいしいものがいっぱいみたいだし、
のんびり気質も憧れます。

ここだけの話ですが、ここイギリスも
おいしいものがたくさんあるような国だったら、
犬スポーツにここまでのめりこんでなかったかもです。(爆)

Edit | Reply | 

たまあみ  2014, 01. 25 [Sat] 07:31

いくつか前の記事で、レイチェルさんが翼くんと歩いていますよね。
その時に、左手を翼くんの鼻先に持っていってますね。
あれ、ノーズタッチをさせるような感じでハンドラーに向かせているのかな?
実際にタッチさせたら駄目なんですよね。
ああいう方法もあるんですね。

冬は室内がいいですよね、外凄く寒いし、ディストラクションは多いし。

Edit | Reply | 

みやび  2014, 01. 26 [Sun] 06:31

たまあみさん
そうなんですよ。こちらのスタイルは左手を固定するので、手をフォローするやり方が一番ポピュラーなんです。なので、ハンドタッチからはじめたり、トリーツを持った手をフォローさせることからはじめる人が多いです。

そしてどこに手を持っていってもそこに鼻先が来るようにまずトレーニングして、その後、
もちろんリング内では触れないので、その手を上に上げてそれをフォローするように(鼻を付けないで)という風にさらにトレーニングするんです。

アメリカとかは手を固定しないから、こんなやり方はしないのでしょうね。

あ、でもHeelwork to musicとかでも手をフォローさせるといろいろなトリックがやりやすくなるとは思いますが、やはりやらないですか?



Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。