スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人でショーに挑戦するとき。

ここイギリスでは、南のほうで洪水でとんでもないことになっているようです。
幸いここ東北部は嵐や大雨はありながらも何とか大きな被害が出ずすんでいるので、
ありがたいです。

日本では雪が大変なことになっているようですが、皆さんの場所では
大丈夫ですか?
どうぞお気をつけてお過ごしください。

というわけで、って何も関係ないんですけど、
今回はちょっとしたショーの仕組みのお話。

各クラスのステイは、時間が決まっていてステイは何よりも優先される、という規則があるの。
ついたらまず自分のリングの横のテーブルの上のスコアボードに自分の番号を書き込んで
チェックインすると同時に、ステイタイムをチェックする。

ステイタイムはたとえば前回のショーだと、こんな感じ。
staytime
(カタログには毎回こんな表があるの)

ちなみにこの日は勇希がNovice part1 12:35 ,A part 1 11:25,
翼が B part1 11:40, C part3 3:00
ということで、ここで問題が
勇希のAクラスの11:25と翼のBクラスの11:40 それぞれ開始されるという時間。

Aクラスのステイは定刻の25分に始まったとしても最低10分はかかるから、5分で車に戻って(結構歩く)
勇希とチェンジして40分きっかりの開始に間に合うなんて、物理的に不可能・・・・どー考えても無理。

こんなときこれまでとった方法は、チーフステイスチュワードに話して急いでくるからと訴える(と、だいたい
少し待ってくれる)とか、ひとつをあきらめる、とか。

ここで、「なんて不公平!」とか言っちゃいけないわけ。
つい、ぽろっと言ってしまったとしても、「そんなら2頭エントリーを辞めれば」とか言われちゃうのが関の山。
たとえば、必ず親と一緒に来る人とか友達同士で固まっている人はこういう悩みはないみたいなので、
結局個々の問題として、問題視はされてないんだよね。

一番の方法は、誰かに次の犬を連れてきてもらっておく、ということなんだけど、
そーいうの、嫌いなんだよね。みんな同じ立場だし、迷惑かけたくないし。

ところがこのショーでは、前回のご報告どおり結果もよかったからどのクラスもステイを逃したくなかったから、
5分で走るかー。いや、絶対無理だなー。とかぶつぶつ言っていたら、
幸い通りすがりのニッキーが「あ、翼をつれてくればいいのね。車どこ?」って気軽に引き受けてくれた。
ニッキーは一頭の2クラスエントリーでそれも1ステイしかしないから、ぜんぜん暇だよ。って
あーもう、めちゃくちゃありがたかったよ。
結果、Aクラスのステイが押して終わったのが39分!ニッキーがいてくれなかったら完璧アウトだった。
ふう、なんて運がいいんだ私!!!

今回はほんと助かったけど、ほかのショーでは、10分弱でひろーい会場の端から端まで往復したこともあるよ。
(めちゃくちゃ走った!)
それどころか、勇希のステイを待っている時に、Bクラスの翼のセントを早くしろって言われた時とか、
「え、でもステイがあって」というとジャッジが「あ、じゃセントはしないのね。」「???」スチュワードが
「我々にはセントをやめろっては言えないから・・・・わかるだろ」って暗にステイに行くならセントをしないと言え、と
強制されたりしたし。(ホントはそんなことやっちゃダメなんだけど、早く終わって片付けたいジャッジとかいるんだよね)
ちなみにこのときは勇希のステイをあきらめて、翼のセントして6位になった。

どーでしょ。たぶん日本ではこんな状態なんて発生しないのでは。

こちらのショーではジャッジもほぼ現役のハンドラーさんたちが半ばボランティアでやってくれてるんで、
その点でも無理はいえないんだよね。
そんなわけで、今は何とかこのイギリスの仕組みに慣れつつあるけど。

できれば、今シーズン、出来るだけステイタイムだけは何とか、重ならないでほしいなーって思うね。
大変なのよ。走るのも。身体的にも、精神的にも(笑)

entry
ちなみにエントリーはこんな感じ。はじめの10番目までは決まっていて、あとは自由な時間に競技できます。
ま、ありがちなのが自分が競技しようと思うときって、みんな同じように思うみたいで、行った時に限って列が出来てて
順番待ちになりがち!(笑)





スポンサーサイト

COMMENT - 2

たまあみ  2014, 02. 27 [Thu] 05:50

なんだか、厳しいですね。
もう少し融通を利かせてくれても良いのにね。
競技会で多頭だしって多いから困りますね。
このやり方は、イギリス式なのかしら、それともヨーロッパ全般なのかしら?
ボイジーでのオビの状況は良く分からないけど、アジだったら多頭かいの人は順番を換えてもらったりしてますよ。(田舎で参加する人の数も知れてるからかもしれないけど)
皆、競技したいですよね。

洪水はその後どうなったのかしら?
なんだか異常気象が多いですね。

Edit | Reply | 

みやび  2014, 02. 27 [Thu] 20:54

たまあみさん
こちらでもほとんどの場合、ジャッジに事情を話せば融通は利くかとも思うんですけど、
(ジャッジによっては。ですが)ステイだけはどーしようもないんですよ。
そのクラスでいっせいにやるので、他の人に迷惑がかかっちゃうんです。
その上、全部のクラスのステイを組み込まなくてはならないので、運営の事情もわかるんですけどね。
もちろんたぶんイギリス流です。 イギリスの人、他の国の事情にはまったく興味なくて、
イギリスの人、犬スポーツはイギリスがとにかく一番。って思ってますし。(笑)

こちら洪水のニュースは落ち着いたみたいです。ってまだ被害にあわれた方はまだまだ事態は収まってないと思いますが。
アメリカも結構異常気象だというニュースを聞きます。
お気をつけてお過ごしくださいね~。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。