スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロの鍛え方募集中

ショーシーズンもほぼ終わって、
今年はこの週末と来週末にある遠いバーミンガムのショーにも
エントリーしていないので、自主トレ三昧のこのごろ。

そろそろチャンピオンシップのショーも残り1-2つくらいだから、
当然まだ(チャンピオンシップに勝って)来年のクラフツへのチケットをゲットできていない
ハンドラーさんたちが更に気合を入れる時期でもある。

アン(仮名)は今までに何頭もチケットドッグまで育てたし(チケットドッグ=チャンピオンシップでの
挑戦権を獲得した犬)、今の犬でチャンピオンシップを競技して少なくとも5年以上だと思う。

彼女は、60代で30年以上の競技歴がある人で、すっごくかしましいというか、口が悪くて
嫌味も言うし、でも、実は、頭がよくてよく気がつくし優しい人なのよ。
ほら、ドラマとかにもよく出るような 典型的な不器用だけど、すごくいいおばさん。っていう感じ。
そんな彼女のこと、私すごく好きでね。ま、時にきついことも言われるんだけどね。

で、その彼女、そんなチケットにすごく近いところにいながら、残念ながらまだクラフツのチケットを
手に入れたことがない。
彼女の犬がすごくいい犬で、もうすでに数回行っていてもぜんぜん不思議じゃないくらいなのに。

3年前、同点での優勝決定戦で、最後までリードしておきながら、最後のセントで
逆転されたときはすっごく惜しかったんだよね。

「何があったの?」って聞いたら、「(送り出すときのコマンドの)声がいつもと違って犬が戸惑った」
って言ってた。(涙)

その後、印象的だったのが、あるショーで私が偶然通りかかったときリングの中に
彼女がいて、ちょうど犬がSend Awayでバックコーンの絶妙な位置にダウンしたところだった。
そこからスチュワードの指示通りに動いて、犬を呼んでヒールワーク、っていうところで
彼女はスチュワードに何か言っていて。

見ると、なんと、少し遠いテニスコートからと思われるテニスボールがリングの中に!!
幸い犬はまだ気がついていなかったので、スチュワードがそっとボールを取り去ることに成功して
そのままSend Awayが完璧に終了してつぎの競技に移ったところで、ほっとしてその場を去ったのよ。

後で、彼女と話したら開口一番「テニスボールがさ・・・」

見てた見てた。大変だったね。でもSend Away、すごくよかったよ。
あの後どうだった?

「あのあと、私がヒールワークのファーストポジションを忘れるミスをやっちゃったわよ。」

ええええ???なんでええええ?

「だって!テニスボールがあったのよ!信じられる???」

そこでご主人が
「それはもう、解決してただろう」 なんて冷静に口を挟んだものだから
アンは逆切れしちゃって!

「きいいいいっ。なによ。そういうならアナタがやってみなさいよっ!!!!」
ってご主人にやつあたり。(汗)

いや、わかるよ。わかるけどね。でも、そこで動揺を引きずっちゃいけないんだよ。って
いうのは、もちろん言えなくて黙って去るしかなかった。

彼女はいつも「ま、今日じゃなくても次のショーがあるのよ。それに、楽しんでやるのが
何より大切だから、結果はどうでもいいのよ」
っていうけど、

でも、彼女。やっぱりクラフツ行きたいんだと思う。
絶対、行きたいんだよ。

その気持ちがすごくわかるだけに、私も彼女にはなんとしても
チャンピオンシップに勝ってチケットを手に入れてほしいと願わずにはいられない。
それに、緊張やストレスに私も弱いほうだから、彼女が本当は内面はすごく傷つきやすくて
繊細なことを知っているだけに、人事とは思えないし。

だから、先々週のショーでまたもや彼女が同点の優勝決定戦(ランオフ)に臨んで
僅差で負けちゃったことを(散歩中に見た携帯で)知ったときは思わず立ち止まって「あああ、まじか!」って
叫ばずにいられなかったもんね。

はあああああ。
実力はもう、完璧なのに。
それだけじゃ、チャンピオンシップは通用しないのかぁ。

精神的な強さが必須ってことなんだろうね。

誰が見てもわかるくらいストレスに弱くて、ここ一番!っていうときに絶対実力を
発揮したことがない私は、犬との自主トレだけじゃなくて、
精神を鍛えるトレーニングもやったほうがいいんだろうか。

瞑想とか心理の本とか、持ってたかも。
掘り出してまた読んでみようかしらん。

その前に、何よりアンにまず、チケットを手に入れてもらいたい。ぜひ。


connie
ジャッキーが最近迎えたパピィのコニーちゃん。べっぴんさんだし、物怖じしないしですっかりみんなの人気者♪


スポンサーサイト

COMMENT - 6

k  2014, 09. 23 [Tue] 10:44

send away

って前進ですよね?
30年以上のベテランさんでも、ミスるんですね。
私が出来ないのは当たり前か~。
ホント、勝負に勝つのって、いかにそこで普段通りの力を出し切れるかかなー。
リンクの中に入っただけで、頭が真っ白になっちゃうから。
強い人は強いなりに、プレッシャーと言う重圧にも勝たなきゃならないしね。
私の場合、いつもの力って言ったって、まだまだ未熟だから出しようがないんだけど。
send away、に限ったことじゃないけど、そちらではオヤツとボール、どんな具合で使い分けるのでしょう~??只今、前進でオヤツかボールで悩み中。

Edit | Reply | 

ゆる  2014, 09. 23 [Tue] 18:27

アンさん、応援しています

こんにちは。
初めてコメント書かせていただいております。
ブログいつも楽しく拝見させていただき
お勉強もさせていただいております。

アンさんのお話、ぜひぜひクラフツのチケット手に入れて
欲しいですね。
ずっと頑張っている方のお話聞くと、応援したくなります。

私もリンクに入ると心臓ぎゅーとなって、どよーんとしてしまう方なので
ハンドラーの精神を鍛えろとAGの先生に言われていました(^^;

成功の積み重ねが自信になってくると思っていたのですが
上に上がればあがるほど、色々壁が出てきそうです。
我が家は、MIX犬と脚足すら満足に出来てないペアなので
チャンピオン争いしているだけでもすごいことです。

アンさん、こっそり遠方から応援しております。
チャンピオン獲ったら、ぜひ報告してくださいませ。





Edit | Reply | 

みやび  2014, 09. 23 [Tue] 22:41

kさん

Send Away は日本では前進、っていうんですね。
私の書き方が悪くて申し訳ありません。この際のアンのSend Awayは
見事でしたよ。ハンドラーが動く前にボールを取り除くいざこざがあった間
ずっと犬は待っていたし、ヒールワークへの合流もその後もとてもよかったです。
アンがミスしたのはその後で、ヒールワークでのポジションを忘れたっていう
今思い出しても残念です。
もちろん他の場合で、チャンピオンシップでもSend Awayをミスする犬はいますよ。
(クラフツでもミスする犬ももちろんいるし)
やはり、たとえチャンピオンドッグであっても完璧というわけには行かないですよね。

こちらでは、Send Away Toyもトリーツもどちらも人によってですが、どちらも使われます。どちらかというとToyを走らせたい箇所に置く人が多いでしょうか。
日本のトレーニングがToyをどういう風に使うかわからないですけど、
がんばってくださいね。

Edit | Reply | 

みやび  2014, 09. 23 [Tue] 22:52

ゆるさん

はじめまして。
つたないブログを見ていただけていてうれしい限りです。
アンへの応援!私までうれしいです。ありがとうございます。

そうそう、私もリングに入るともう、大変なんですよ。
まるでロボットのような動きになってしまいます。(笑)
なので、なおさらアンに勝ってほしいんですよねぇ。
それに、彼女ものすごくトレーニングしているんですよ。すごい努力家なんです。

ゆるさんもオビディエンス競技されているんですね。
経験の積み重ねが自信に・・・・たぶん今思い返すと
始めたころから考えるとずいぶん成長して自信もついたはず、
なんですけど、おっしゃるようにひとつ上に行くと更なる壁があって
なかなか自信を感じることが出来ないですね。
お互いそんなときは以前の自分からどれだけやれてるかを思い出して
自信をもちましょう。(と、努力中です。(笑))

ぜひぜひこれからもよろしくお願いします。

Edit | Reply | 

たまあみ  2014, 09. 24 [Wed] 00:28

No title

競技会で平常心でいられるって難しい。
少し緊張があったほうが良いとも言いますし。
私は、何週間も前から緊張するタイプで疲れます。
自分の犬に対して絶対の自信があっても、きっと緊張すると思う。
でも、アンさんって心の強い人でもあると思う。
心が弱かったら、きっと競技を続けてないかも。
何にせよ、アンさんをクラフツで見られる日が来ることを祈ってます。
あ、みやびさんもクラフツで見られますように。

いやあ、コニーちゃん、可愛いわ。
パピーは、ほんと目の毒だわ、欲しくなる。(笑)

Edit | Reply | 

みやび  2014, 09. 24 [Wed] 05:39

たまあみさん

あ、私もショーのかなり前から緊張してました。
最近、それがやっと少し軽くなってきたのがうれしいこのごろなんですよ。

アンは、ものすごい努力家だし、おっしゃるように強いんだと思います。
ランオフで負けてもさらにがんばっているもの。
だからこそ、クラフツに行ってほしいんですよね。
応援ありがとうございます。ほんとにそんな日が来てほしい。
で、え?私もですか?いやいや、まだまだその前の修行が大変そうです。(笑)

コニーちゃん。めっちゃかワイ子ちゃんですよ~。
たまあみさんちは、お嬢さん方の妹ちゃんはまだですか?

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。