スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レベルア~ップ!

200220151
ちっ。ばれちゃったか。(勇希)



赤ちゃんのころから、要領がよくて甘え上手で甘やかされてきた勇希だけど、
一才ちょっとでNoviceの1位をかけたランオフに出た快挙で
舞い上がったおかーさんが、スパルタ教育に変貌したために
従来の音過敏も加わって 1年以上リングどころか競技会場へ
入るのも拒否してくれちゃって。

そこから、楽しくトレーニングして楽しく遊んで
なんとかリングに入って競技してくれるまでに
持ってくるのはそりゃあもう、容易じゃなくて。

そんな経緯があるから、コマンドは明るくハイピッチだし
トレーニング中も、持ち上げて持ち上げて・・

だってねえ。
ちょっとでもへそまげると、涙目で立ち尽くすし。
2年前カレンAのトレーニングで、逃走したのも記憶に新しいし。

集中してないときは調子に乗ってふざけてたりいい加減になるのも
叱りはするけど強くは言えなくて。
まあ、へそ曲げるよりはいいか。ってついなっちゃうわけ。
そういう状態でもそこそこ出来てるからね。

ずっとその経緯を見てきたトレーナーのリンダも、「勇希に甘い!」って
いいながらも、まあ、仕方がないか。出来てるからいいか。って空気だし。




ところが、
昨日のカレンDから、そこをずばり突かれてしまった。

「コマンドを低いトーンで強い口調にしてみて」

「だめなときはちゃんと表情に出してだめと伝える。笑いながら言わない!」

「勝手な動きをさせない。カラーを優しく持ってコントロールはあなたにあることを教えて」

「ここまで、時間とお金を使ってるんだから、完璧を目指さなくてどうするの。
そのためには、ちゃんと犬にも真剣であることを伝えなさい」


ああもう、ドキドキよ。
これでまたへそ曲げたら、回復にしばらくかかるのだよ~。

と思ったら・・あれれれ?って。

できなかったことが、ちゃんと出来て。
おまけに本人も真剣にやってて。


感動したよ。
思いっきり。

涙でそうになった。

「今まではともかく、彼はもう少しぐらい厳しくても
それに耐えられるくらいに成長してるわよ。

それに、ちゃんと何をすべきかはわかってるから、
それをしないときは、今からはちゃんとだめだと伝えなきゃ。」

って、わかる。わかるけど。

正直、カレンDの監視下でないと自分ひとりでは
打ち破れなかった壁だったな。

心から感謝だよ~。


って、話しているとき勇希がふらふら~っていつものようにカレンDの
方に行こうとして、はた!と止まってカレンDをちらっと見たかと思うと
たたっと走ってきて私の横に隠れた! 

その様子がまさに
「今日のおばちゃん、厳しいからきらいっ」

とでも言いたげで、思わず2人して 苦笑・・・・(汗)


勇希くん、そ~いうとこがかわいくて
つい騙されてたんだけど
ほんと~はちゃんと出来ることわかっちゃったもんね。

私も少しは成長したはずだからこれからは楽しく厳しく
レベルアップしたトレーニングをやっていくから
覚悟しなさいよっ!









スポンサーサイト

COMMENT - 4

たまあみ  2015, 02. 24 [Tue] 00:36

No title

勇希くん、Cheeky!

Edit | Reply | 

みやび  2015, 02. 24 [Tue] 00:47

たまあみさん

わはははは。
たまあみさん。ナイスです。

そう、勇希は よくCheeky Little Boyと呼ばれるのです。

私もこちらに来てびっくりしたのですが、みんなが子犬を見てはCheeky faceだのいたずらっぽい顔の子供にも愛情をこめてCheeky! とにかくチーキィをたくさん使うんですよ。
あと関係ないけど英国ではfancyもよく使うんです。なに食べたい?とかあの子に気があるとかそんな「ほしいもの」みたいな感じでfancyを使うんで、アメリカ英語で教育を受けた私としてははじめ???でした。
同じ英語ながらアメリカとは言葉の使い方が結構違うみたいです。

Edit | Reply | 

k  2015, 02. 24 [Tue] 22:02

我がこと

カレンDさんのお言葉は、なんだか私とココアに言われているみたいです。勇希君は、どこかココアに重なるところがあるな~。いじけるところとか。
こういう子を、どんなふうに引っ張って行くのか、今後、参考にさせてもらいますね~。

Edit | Reply | 

みやび  2015, 02. 25 [Wed] 08:32

kさん

ココアちゃんも繊細なんですね。
お互い乗り越えたいですね。

私の経験上思っていることは(アリソンも同じことを言ったけど)
やっぱ、人間の意識で「厳しく」しても通用しないし、特に繊細な子はプレッシャーを感じるか萎縮してしまいがちなように思います。
だから、思いっきり楽しくポジティブな強化が何よりの近道だと、
勇希をリングに戻す過程で確信しました。

まあ、確かにカレンDの言うように時には少しプッシュも必要ですけど、
この日以来、またちょこっと警戒するそぶりを見せ始めたので、
ここからはバランスが必要な気がしています。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。